鹿児島観測局

この望遠鏡は1970年東京大学東京天文台内(三鷹市)に建設されて成果を挙げ、1980年に長野県野辺山での世界一の45mミリ波電波望遠鏡建設に大きく貢献しました。1993年にはバラ園で有名な錦江湾公園内に移設され、45m鏡、茨城県鹿嶋の34m鏡、水沢の10m鏡と組んで口径1306km、日本列島サイズの電波望遠鏡を実現しています。1992年にはオリオン星雲からの水蒸気の異常電波の発見などで活躍しVERA計画実現の牽引役を務めました。

現在も観測データを用いて学生が論文を出版するなど現役です。グリーンベルトの緑の中に白く映えるH-IIロケットと6m望遠鏡の姿はとても美しく、市民に愛されています。

アクセス

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

羽田空港から

羽田空港から

所在地

〒 891-0133 鹿児島市平川町2170 錦江湾公園内

北緯 31° 27' 52"
東経 130° 30' 25"

連絡先

TEL 099-261-9833

CSS not active

JavaScript not active