天文保時室

日常使っている時刻のもとになる中央標準時を決定し、現実の信号として示す(現示)ことを、法律に基づいて行っています。

国家事業としての日本の標準時の決定、報時に関する事業を遂行し、また、この分野における日本の代表機関の一つとして国際的責任を果たしています。

国立天文台では、原子時計群の運転とGPS衛星を利用した高精度国際時計比較を行って、国際原子時の作成に寄与しています。また、インターネットを通じて、標準時を参照できるサービスも行っています。

天文保時室の詳細はこちらをご覧ください。

アクセス

連絡先

TEL 0197-22-7111
FAX 0197-227120

見学案内

  • ご見学できません。

CSS not active

JavaScript not active