☆ 小惑星が、彗星に変身!?

 石垣島天文台では、突然爆発を起こし、彗星のように尾を持つようになった小惑星シャイラの撮影に、13日未明に成功しました。

 小惑星シャイラ(小惑星番号:596、Scheila)は、12月11日に、アウトバースト(爆発現象のひとつ)を起こし、その後彗星のように尾も見えるようになっていることが、世界各地で観測されています。

 小惑星シャイラは、1906年に発見された小惑星で、火星と木星の間にあるメインベルトと呼ばれる小惑星帯にあります。直径は100kmほどある大きな小惑星です。アウトバーストした原因は不明で、小天体の衝突なども推察されています。

 石垣島天文台では、今後も観測を続けて、その原因を究明したいと考えています。
 天体画像のページで、詳細画像と撮影データなどが見られます。

☆ 1月の天体観望会の予定を掲載しました。

 前勢岳林道の土砂崩れのため、土日曜日と祝日に開催している天体観望会を、制限付きで再開していますが、1月からの観望会の時間を7時45分と、8時45分の2回に致します。
 天体観望会は、予約制ですので、お電話(0980-88-0013)でお申し込みください。