八重山星の会が、総務大臣表彰を受ける

石垣島で、国立天文台のVERA観測所や石垣島天文台と連携して、「南の島の星まつり」や、星空ガイドを行っている八重山星の会が、平成24年度地域づくり総務大臣表彰を受けることになりました。
表彰式は、2月9日に茨城県水戸市で。
 詳細は、総務省ホームページ「報道資料」をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei09_02000012.html

☆総務省の報道資料より(抜粋)☆
----------------------------
<平成24年度地域づくり総務大臣表彰>
 本表彰は、全国各地で、それぞれの地域をより良くしようと頑張る団体、個人を表彰することにより、地域づくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的としています。
 *本表彰は昭和58年度に創設され、今回で30回目。これまで880団体・個人が受賞。
----------------------------
 特定非営利活動法人 八重山星の会(沖縄県石垣市)について
----------------------------
<概 要>
「VERA石垣島観測局」の管理運営を始めた平成14年から、市民へ石垣島の「星空」の魅力をアピールしていくため、市内の小学校を対象に星空ガイドの受入を行うと共に、「石垣少年自然の家」とタイアップし、星空観察会を同少年自然の家でスタート。また石垣市、NPO法人 八重山星の会などで組織する実行委員会により「南の島の星まつり」を毎年開催 している。

<評価された点>
・会場一斉ライトダウンという官民あげての取り組みを高く評価。
・「美しい!」夢のある取組。地域の持つ強みを生かした活動。
・地域の特性をフル活用して、長期的な取り組みをすることが幅広い支援を集める鍵となります。
天文愛好家のみならず、「どうしても行ってみたい」の「夢」を育てるための稀少性の高いプログラムづくりが重ねられています。高く評価したいと思います。
----------------------------
<関連リンク>
☆南の島の星まつり
http://www.southern-star.jp/