増光が注目される、超新星2014Jを撮影!

 石垣島天文台では、1月25日の深夜(23時16分JST)に、増光が注目されている超新星2014Jの撮影に成功しましたので、画像を公開します。
 超新星2014Jは、今年の1月21.805日(世界時)に、英国のロンドン大学天文台で、Steve J. Fosseyさんが、北斗七星(おおぐま座)のそばにある銀河M82で発見しました。
 発見時の明るさは、10.5等(R等級)と、超新星としては珍しく明るく、なお増光中です。今後どれだけ明るくなるか、注目されています。
 

☆~撮影データ~☆
--------------------------------
 撮影日時:2014年 1月25日, 23時16分 [JST]
 望遠鏡 :むりかぶし望遠鏡(口径105cm経緯台式反射望遠鏡)
      カセグレン焦点, F/6.5, f=6825mm)
 使用カメラ:3色同時撮像カメラ
     (冷却CCD3台, 波長: I-band, R-band, g'-band)
 露出時間:全てのバンドで30秒×205フレーム
 画  像:カラー合成画像(R:G:B → I:R:g'), 画像範囲:9.6×9.6分角
 撮影・画像処理:花山秀和
--------------------------------