彗星 22P/Kopff(コプフ彗星)を撮影

石垣島天文台では、4月26日の夜、彗星22P/Kopff(コプフ)を撮影しました。周期が約6年半の彗星で、今年の10月25日に近日点通過になります。前回の回帰は2009年で、当時の石垣島天文台の観測では、非対称なジェットをもつ姿を捉えました。

<参考>

★ 2009年の観測については、国立天文台年次報告(第25冊 2012年度)の「研究ハイライト」の「2009年回帰時に観測された22P/Kopff 彗星の非対称ジェットと細く伸びたダスト構造」(PDFファイル) をご覧ください。


このため、石垣島天文台では、今回の太陽接近で、どのような姿や、変化を見せるか注目して観測を続ける予定です。

 ギャラリー画像の撮影データは、以下の通りです。
ファイル名 150426_22P.jpg
----------------------------------------------------------------
 コプフ彗星 (22P/Kopff)
 2015年 4月 26日, 23時41分 [JST]
 口径105cm経緯台式反射望遠鏡(カセグレン焦点, F/6.5, f=6825mm)
 3色同時撮像カメラ(冷却CCD3台, 波長: g'-band, Rc-band, Ic-band)
 露出時間:全てのバンドで180秒×18フレーム
 カラー合成画像(R:G:B → Ic:Rc:g'), 画像範囲:9.6x9.6分角
 撮影画像処理:花山秀和(研究員)
 ----------------------------------------------------------------

 ファイル名 150426_22P_2MASX J12325960+0450376.jpg
 ----------------------------------------------------------------
 コプフ彗星 (22P/Kopff)と渦巻銀河2MASX J12325960+0450376
 2015年 4月 27日, 0時8分 [JST]
 口径105cm経緯台式反射望遠鏡(カセグレン焦点, F/6.5, f=6825mm)
 3色同時撮像カメラ(冷却CCD3台, 波長: g'-band, Rc-band, Ic-band)
 露出時間:全てのバンドで180秒×1フレーム
 カラー合成画像(R:G:B → Ic:Rc:g'), 画像範囲:4.8x7.2分角
 撮影画像処理:花山秀和(研究員)
 ----------------------------------------------------------------
 左の渦巻き銀河は、「2MASX J12325960+0450376」で、地球から7億8000万光年の距離にあります。
2006年のハッブル観測によって、この銀河が二つの銀河が重なって見えていることがわかっています。