活動銀河ケンタウルス座Aの鮮明画像を捉える

石垣島天文台では、むりかぶし望遠鏡により、南天の活動銀河ケンタウルス座A(Centaurus A、NGC5128)の鮮明な画像を撮影しました。

ケンタウルス座Aは、南の空でもっとも電波が強く活発な電波銀河として良く知られている巨大な楕円銀河です。

 南十字星の少し北の方向にありますが、観測できる高度が低いために国内では大型の望遠鏡で観測がすることが難しい天体です。

 北緯24度の位置にある石垣島天文台では、2010年2月にも撮影を行っていますが、今年5月15日に晴天に恵まれたため、九州沖縄で最大(口径105cm)のむりかぶし望遠鏡を使って、国内で撮影されたものとしては、これまでにない鮮明な画像を捉えることができました。

ケンタウルス座Aは、北天のはくちょう座Aとともに、強烈な電波を出す活動銀河としてよく知られています。南の空でもっとも電波の強い電波銀河で、電波天文学が発展する中で、電波源が二つ目玉であることや、長いジェット構造を持っていることがわかり、また特異な形をしている楕円銀河NGC5128であることも判明しました。



 画像データは、下記の通りです。

 ----------------------------------------------------------------
 活動銀河ケンタウルス座A Centaurus A(NGC5128)
 2015年 5月 15日, 23時00分 [JST]
 口径105cm経緯台式反射望遠鏡(カセグレン焦点, F/6.5, f=6825mm)
 3色同時撮像カメラ(冷却CCD3台, 波長: g'-band, Rc-band, Ic-band)
 露出時間:全てのバンドで60秒×83フレーム
 カラー合成画像(R:G:B → Ic:Rc:g'), 画像範囲:10.8x10.8分角
 撮影・画像処理:花山秀和(研究員)
 ----------------------------------------------------------------