沈む前の太陽にグリーンフラッシュが見える

 石垣島天文台では、7月31日の夕方、大変珍しいグリーンフラッシュを撮影することができました。この日の夕方は、大気の状態がとても良く、太陽がこれまでにないほどのまぶしさで輝いていました。石垣島天文台では、グリーンフラッシュの撮影を試みたところ、撮影された画像の中に、日没前の太陽のリム(縁)に一瞬輝いたグリーンフラッシュを捉えていることがわかりました。
 撮影したのは、石垣島天文台の花山秀和研究員で、いくつかの映像の中から、日没直前の太陽の上方に輝くグリーンフラッシュを発見しました。
 グリーンフラッシュは、水平線に太陽が沈む最後の瞬間に、太陽の光が大気で屈折して緑色に見える現象ですが、今回のようにまだ沈みきらない太陽のリム(縁)で見られるのは、大変珍しい現象です。
 7月31日は、これまでになく大気が澄んでいて、水平線までの見通しも良かったために、このような現象が見られたものです。トップの太陽のリム(縁)で観られたグリーンフラッシュの画像は、下のギャラリーにも掲載しています。また、8月2日の夕方に見られた水平線に沈む瞬間のグリーンフラッシュも掲載しました。
  7月31日の画像で、太陽面の中央左に小さく線状に見えているのは、航空機の影で画面の左から右方向に移動しています。