10周年を祝うように,月虹が!

夜空が暗く空気の澄んだ八重山諸島では、星空が美しくみえることで知られていますが、16日の夜は、東の空から昇り始めた満月の光で、幸せを招くといわれている月虹(げっこう)が見られました。

 石垣市の前勢岳山頂にある石垣島天文台の空の状態を監視するスカイモニターカメラが、19時6分から15分ほど、宵の明星の金星が島の上に輝く竹富島、小浜島の上空に大きな弧を描く虹を捉えました。

月虹は、月の光が大気中の水滴で屈折して虹となって見える現象で、今回のように満月の夜などに見られます。肉眼では色が薄く、白く見えますが、この夜は雲のなくなった20時50分頃には、七色に薄く輝くアーチ状の虹が見られました。

 石垣島天文台のスカイモニターカメラやデジカメなどで撮影した画像には、はっきりと7色の虹が写っているのが確認できています。

 月虹は、ハワイでは、「ムーンボー」「ナイトレインボー」と呼ばれ、「幸せを招く」「願いがかなえられる」といわれている自然現象です。

 石垣島天文台では、東北大震災の年の翌年2012年1月7日にも見られました。今年もまた月虹が見られましたが、熊本や岩手などの被災地が早く復興して、みなさんに早く幸せが訪れることを願っています。

 石垣島天文台は、今年でオープンから10周年を迎えましたが、お月様からのお祝いのようにも思えます。

 ヘッド画像は、10月16日午後7時6分のスカイモニターの画像の一部です。その他の画像は、ページの下のギャラリーをご覧ください。1枚目は、スカイモニターの画像です。2枚目はデジタルカメラでの撮影で、撮影データは、以下の通りです。

 -----------------------------------------------------------------
 撮影日時:2016年10月16日,20時44分(JST)
 カメラ:Nikon D600 (ISO800, 露出25秒)
 レンズ:Nikon AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D, 絞り:F2.8
 撮影:花山秀和
 撮影場所:石垣島天文台
 -----------------------------------------------------------------