石垣島天文台ゴールデンウィーク特別企画

 九州一の「むりかぶし」望遠鏡(口径105cm)のある石垣島天文台において、ゴールデンウィークの5月3日(水)から7日(日)までの5日間、天体観望会を行います。また併設されている星空学びの部屋では、立体的に宇宙を見ることのできる4D2U(4次元デジタル宇宙, フォー・ディー・トゥー・ユー)シアターについて、通常1日1回の上映をこの期間に限り、13時と15時の2回上映いたします。

 昼間の4D2Uシアターでは始めに5月の八重山の星空、南十字星の見つけ方を解説します。その後石垣島から宇宙に旅立ち、太陽系を探訪して天の川銀河まで行き、最後に138億光年彼方の宇宙の果てまでご案内します。

 夜間の天体観望会は木星と月を観望します。九州一の望遠鏡で木星の縞模様や月の細かい部分まで見ることができます。ゴールデンウィークは石垣島天文台で八重山の星空をぜひお楽しみください。


 ※4D2Uと夜間観望会は全て無料ですが、事前に電話での申し込みが必要です。1回の定員は30名で、満員になり次第その回の受付は終了となりますので予めご了承ください。


【予約方法】 電話申込み

 ・受付時間 10時から17時まで

 ・受付期間 水曜日から日曜日まで(月曜日と火曜日は休館日のため受付しておりません)

 ・電話番号 0980-88-0013 (石垣島天文台)

【期間】 5月3日(水)から7日(日)までの5日間

【時間】

 ・4D2Uシアター 13:00、15:00の2回(1回30分程度)

 ・天体観望会   20:00、21:00の2回(1回30分程度)

【料金】 無料


 ※なお、この期間に限らず、すべてのプログラムは無料です。今回の企画にご都合が合わない方も、ぜひ、石垣島へお越しの際は石垣島の星空の魅力をご体感ください。