小惑星探査機「オサイリス・レックス」の撮影に成功

 石垣島天文台では2017年9月20日22時(日本時間)、米国の小惑星探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」の撮影に成功しました。同探査機は9月23日(日本時間)に実施する地球スイングバイのために地球に接近中です。

 「オサイリス・レックス」は小惑星「101955 Bennu(ベンヌまたはベヌー)」を探査する米国の探査機で、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」とは協力関係にあります。石垣島天文台は「はやぶさ2」地上観測チームとして、また国立天文台は「はやぶさ2」レーザ高度計(LIDAR)の開発・運用主担当として「はやぶさ2」に参加しており、「はやぶさ2」チームからの呼びかけに応じて撮影したものです。

 日本では地球スイングバイ前の9月22日(金)夜10時頃に14等級くらいで見えると予想されています。観測キャンペーンについては以下のJAXAはやぶさ2のページをご覧ください。
(リンク:「オサイリス・レックス」地球スイングバイ観測キャンペーン

 石垣島天文台での撮影情報は以下の通りです。画像は下のギャラリーの左側です。この時の明るさは約18等級でした。
 ----------------------------------------------------------------
 OSIRIS-REx (オサイリス・レックス)
 2017年09月20日, 22時02分 [JST]
 口径105cm経緯台式反射望遠鏡(カセグレン焦点, F/6.5, f=6825mm)
 3色同時撮像カメラ(冷却CCD3台, 波長: g'-band, Rc-band, Ic-band)
 露出時間:60秒×21フレーム, 画像:Rc-band, 画像範囲:6x6分角
 ----------------------------------------------------------------

[追記 9/23]

 9月22日も観測に成功しました。撮影情報は以下の通りです。画像は下のギャラリーの右側です。この時の明るさは約14等級でした。
 ----------------------------------------------------------------
 OSIRIS-REx (オサイリス・レックス)
 2017年09月22日, 21時37分 [JST]
 口径105cm経緯台式反射望遠鏡(カセグレン焦点, F/6.5, f=6825mm)
 3色同時撮像カメラ(冷却CCD3台, 波長: g'-band, Rc-band, Ic-band)
 露出時間:3秒×7フレーム, 画像:Rc-band, 画像範囲:6x6分角
 ----------------------------------------------------------------

[文責:野田寛大(RISE月惑星探査検討室), 花山秀和(石垣島天文台)]