石垣島天文台夏休み特別企画「火星、木星、土星観察会」

 九州・沖縄で最大の口径105cmむりかぶし望遠鏡がある石垣島天文台において、夏休みの8月2日(木)と3日(金)の2日間、火星、木星、土星を観察する天体観望会を開催します。


 2018年7月31日、地球と火星は5,759万キロメートルにまで接近します。6,000万キロメートルよりも近くなるのは5,576万キロメートルまで近づいた2003年以来15年ぶりです。6月下旬から9月上旬頃まで明るさはマイナス2等を超え、最も近づく7月末には明るさがマイナス2.8等になります。


 今回の天体観望会ではむりかぶし望遠鏡でこの火星を中心に木星や土星などの惑星を観察します。NPO法人八重山星の会による地元ならではの解説もお楽しみいただけます。是非ご参加ください。


 ※参加費は無料、電話予約制、1回定員30名、受付は満員になり次第終了します。
 ※曇りや雨の場合はこれまで撮影した天体の画像・映像などによる解説を行います。


【期間】 8月2日(木)、3日(金)の2日間
【場所】 石垣島天文台 (沖縄県石垣市新川1024-1、石垣市前勢岳)
【時間】 21:00~21:45 (45分) 
【定員】 30名
【料金】 無料


【予約方法】
 ・受付    電話受付
 ・受付時間 10時から17時まで
 ・受付期間 水曜日から日曜日まで(月曜日と火曜日は休館日で受付はしておりません)
 ・電話番号 0980-88-0013 (石垣島天文台)


【予約受付開始】 7月25日(水)~


【共催】 石垣島天文台、NPO法人八重山星の会、沖縄県立石垣青少年の家


【参考情報】 火星大接近2018