明け方の空に沈む欠けた月

 7月17日の明け方、5時1分頃から月の一部が欠けた状態になる部分月食があり、石垣島天文台で撮影を実施しました。月食は地球の影に入った月の一部が欠けて見える現象で、部分的に影に入る「部分月食」と全て影に入る「皆既月食」があります。今回の現象は九州沖縄地方などで見られる部分月食で、特に欠けたままの状態で月が西の空に沈む「月入帯食(げつにゅうたいしょく)」と呼ばれる現象でした。

 この日は雲が頻繁に通過するような天候でしたが、石垣島天文台の堀内貴史特任研究員が明け方の空に沈む前の食分0.2の月をタイミングよく撮影することに成功しました。食分0.2とは地球の濃い影(本影)が月の直径の2割にまで入り込んでいることを意味します。

 私たちが普段見ている月の光は太陽の光が月面に反射して見えている光です。太陽と月の間に地球が入ると、月は地球の影に入ります。月は地球を周回している衛星で、地上ではこのような現象が時々見られます。前回石垣市から見られる部分月食が起こったのは2017年8月8日、皆既月食が起こったのは2018年7月28日でした。次回は2年後の2021年で、皆既月食は5月26日、部分日食は11月19日となっています。

--------------------------------------------------------------------
[撮影情報]
撮影日時:2019年7月17日 05時21分 [JST] (食分0.2)
カメラ:Nikon D810 (ISO:800, 露出時間:1/500秒)
レンズ:シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM
                  (焦点距離:600mm, 絞り:F8)
撮影:堀内貴史, 撮影場所:石垣島天文台
--------------------------------------------------------------------

<参考リンク> 部分月食(2019年7月), 月食とは