むりかぶし望遠鏡(口径105cm光学赤外線望遠鏡)

石垣島天文台の105cm望遠鏡は、ハワイ観測所のすばる望遠鏡と同じ反射望遠鏡で、架台は経緯台方式を採用しています。

光学系はリッチー・クレチアン光学系を採用し、焦点面には視野回転装置(ローテーター)を設けています。

望遠鏡の天体追尾や観測機器は、コンピュータで自動的に制御されます。

 

望遠鏡の設置されている半球状のドームは、直径8mあります。

玄関からドームまでは、バリアフリーです。車椅子の方も、エレベータなどを利用して望遠鏡のそばまで来ることができ、ナスミス焦点部で、そのまま天体を観察することができます。


カセグレン焦点部には、研究用の観測装置やカメラを取り付けて、長時間にわたる観測を行います。 ナスミス焦点部2は、天体観望用で、ここから肉眼で星を見ることができます。 主鏡部には、直径107cmの反射鏡(有効直径は105cm)が、取り付けられています。 副鏡部には、フォーカス合わせ機構の先に副鏡が取り付いています。105cmの主鏡で集めた光を折り返し、各焦点で星の像を正確に結ばせます。 ガイド望遠鏡もついています。


望遠鏡内部の光の経路を表した説明画像

主な性能

ドームの画像

  • 主鏡有効直径:105cm リッチー・クレチアン光学系
  • 合成口径比:F12
  • 焦点位置:カセグレン焦点
    • ナスミス焦点1(研究用)
    • ナスミス焦点2(観望用)
  • 架 台 :経緯台方式
  • 観測時駆動範囲:高度角:15-88度角
    • 方位角:真南±270度角
  • ドーム直径:8m
    • 観測時は、望遠鏡に自動追随