You are here三鷹・星と宇宙の日2015が開催されました

三鷹・星と宇宙の日2015が開催されました


 去る10月24日に三鷹・星と宇宙の日2015が開催され,国立天文台の特別公開に多数のご来場を頂きました.当日は最寄りの武蔵境駅のバス乗り場では長い行列ができたと聞きました.多くの方々にお越しいただいて,本当に有難うございます.私たちは見学にいらっしゃった方々と楽しくお話ができました.みなさんも満足して頂けましたか?

 RISE月惑星探査検討室は3D惑星儀(ダジックプラネット),宇宙服顔出しパネル,小惑星探査機はやぶさ2と木星系探査ジュースミッションのパネル紹介,の3つの展示を行いました.ダジックプラネットは白い半球にいろいろな惑星の姿を投影する展示ですが,今年は例年よりも一回り大きな直径1.1 mの発泡スチロールを準備しました.半球をA0パネル2枚に接着+ネジ止めしてパーティッションに掛けたのですが,展示の時間内に落下するのではないかとヒヤヒヤしました.幸い,一日もったので,たくさんの方に見学して頂くことができました.投影する惑星・衛星の画像は各種取り揃えましたが,解説者用の説明資料までは手が回らなかったので,プレゼンテーションは解説者毎にまちまちになってしまったと思います.来年は少しバージョンアップして改善していくつもりです.また,ダジックプラネットはこれからサイエンスカフェや講演会でも積極的に利用していきたいと考えています.

 宇宙服顔出しパネルは例年の展示ですが,意外と?人気の高い企画です.「毎年写真を撮って,子どもの成長記録にします」というご家族もおられて,展示者としてとても嬉しかったです.VERA/RISE展示の受付のそばに設置したのも,利用しやすくて良かったと思っています.

 小惑星探査機はやぶさ2と木星系探査ジュースミッションのパネル紹介は硬い展示内容なので興味を惹くことができるか心配しましたが,足を止めて説明を聞いて下さった来場者がたくさんおられました.はやぶさ/はやぶさ2の人気にあやかっての展示ではありますが,宇宙探査に興味をもっていただく機会になれば良いと思います.将来宇宙開発に携わりたい高校生も来て熱心に説明を聞いて下さいました.みんな夢に向かって頑張れ!

(文責:並木)