You are hereRISEについて / 沿革

沿革


1991
国立天文台 地球回転研究系・水沢観測センターのメンバーで月探査に関する研究開始
月周回衛星(Lunar-A)ペネトレータ搭載用電波源試作機の開発
1995
H-2ロケット利用の「月探査周回衛星計画」の検討開始
RISE開発室発足(室長:河野教授)
1996
月探査周回衛星(SELENE)計画に参加
VLBI電波源、レーザ高度計(LALT)、及びリレー衛星(Rstar)を用いた月計測の研究開始
1997
SELENE打ち上げが2003年に予定
衛星/月面電波源(VRAD)、レーザ高度計、リレー衛星の設計開始
1999
SELENE打ち上げが2004年に延期
SELENE着陸実験機の月面軟着陸中止に伴い、月面電波源の開発中止
2000
レーザ高度計のプロトタイプモデル開発
VLBI用電波源を搭載した子衛星(VRAD衛星:Vstar)の開発開始
2001
SELENE打ち上げが2005年に延期
レーザ高度計のフライトモデル製作開始
2002 VRAD衛星およびリレー衛星のフライトモデル製作開始
2004
自然科学研究機構国立天文台発足
水沢観測所(Cプロジェクト)のRISEサブプロジェクトに改組
2005
SELENE打ち上げが2007年に延期
レーザ高度計、VRAD衛星、およびリレー衛星のフライトモデル完成
2006 RISE推進室(Bプロジェクト)に改組(プロジェクト長:佐々木教授)
2007
月周回衛星SELENEの愛称が「かぐや」に決定
「かぐや」打ち上げ、観測開始
リレー衛星とVRAD衛星の愛称が「おきな」と「おうな」に決定
2008 RISE月探査プロジェクト(Cプロジェクト)に改組
2009
月惑星探査検討室(サブプロジェクト)を設置
「かぐや」観測終了
2012
RISE月惑星探査検討室(Aプロジェクト)に改組
月惑星探査検討室(サブプロジェクト)の廃止
2014 竝木則行教授が室長に着任