第7回目の意中の人は
朝倉佑さん

きっかけはハローワーク!

マダム

朝倉さんが研究支援員として天文台にいらしたのはいつですか?

朝倉

8年前です。2007年から働き始めたんですけど、たまたまハローワークに求人票が出ていたのを、母が見つけてきてくれたんです。「なんか面白い求人が出てるよ」って。

マダム

なんと!ハローワークがきっかけでしたか。

朝倉

はい。求人票にベラって書いてあって、とっさに妖怪人間のベラが思い浮かんでしまって「天文台で妖怪人間って何?!」と思いました。

マダム

あはははは(笑)。

朝倉

業務内容に「アンテナ掃除とテープ交換」とありまして、それも一体何をやるんだろうと不思議でした。

マダム

それはもう、いろんな意味で興味をひかれますね。

朝倉

はい。面白そうでしたし、ちょうど転職を考えていたタイミングだったので、すぐに応募してみました。どうなるかと思ったら意外にトントン進んで。

マダム

研究支援員として採用になったわけですね。電波天文学という専門的な分野に関わる業務ですが、それまで機械や理系の勉強をなさっていたのですか?

朝倉

いえ、まったく(笑)。前の仕事も事務でしたから、入った当時は何がなんだかわからなくて覚える事がいっぱいで、ちょっと大変でした。

マダム

わあ、親近感♡私も理系ではないので共感します。天文台ってある意味、異次元の世界ですよね。

朝倉

そうなんです。すごく頭のいい人たちが難しい言葉をしゃべっていて、皆さんが何を言っているのかわからない。

マダム

そのわからない気持ち、よくわかります(笑)。そんな異次元のように感じた場所で、いまはバリバリお仕事をこなしていらっしゃるのですね。

朝倉

はい。毎日アンテナに登って、アンテナと観測機器の点検をしています。

マダム

どのような点検をするのですか?

朝倉

それは実際に見ていただいた方がいいので、一緒にアンテナへ行ってみましょう。

連載開始以来、初の非リケジョが登場!
連載開始以来、初の非リケジョが登場!
朝倉 佑
氏名
朝倉 佑 あさくら ゆう
出身地
岩手県生まれ
紹介

国立天文台水沢VLBI観測所の研究支援員として水沢局VERAアンテナと観測機器の点検作業、観測メディアの交換、開発補助を担当しています。趣味はイラスト、アクセサリー作り、お菓子作りなど。

ベラ(妖怪人間)

1968年~1969年にフジテレビ系列で放映されたテレビアニメ「妖怪人間ベム」の主人公の一人。

妖怪人間ベム

特殊能力を持つ妖怪人間として生まれたベム、ベラ、ベロの3人が、いつか人間になれる日を夢見て悪と戦い続ける。ベラは3人の中で唯一の女性。2011年には実写ドラマ化、2012年には映画化された。