Event Horizon Telescope Japan

EHT (Event Horizon Telescope) は、世界的な協力でミリ波・サブミリ波VLBI観測網を構築し、ブラックホールシャドウの撮像を目指す、国際プロジェクトです。 このウェブページでは、特に日本国内へ向けて、EHT プロジェクトの活動を紹介します。

MWL3s

EHTによって史上初めて撮影されたブラックホールは、楕円銀河M87の中心にある巨大ブラックホールの2017年4月の姿でした。 まさにその時、ブラックホールやそこから噴出するジェットには何が起こっていたのでしょうか? EHTだけではわからないこの謎を解明するために、地球上そして宇宙にある様々な波長の望遠鏡 (電波、可視光線、紫外線、X線、ガンマ線) がEHT観測に合わせて一斉にM87中心核を観測していました。 望遠鏡の総数はEHTを含めて19台にも及びます。 同時期に様々な波長の電磁波で見たブラックホールとジェットの姿が明らかになったことで、シャドウが撮影された時には極めて「おとなしい」活動状態であったことがわかりました。 また、理論・シミュレーション研究の結果と比較することで、EHTで撮影されたリング構造の領域とは異なる場所からガンマ線が放射がされていることがわかりました。 これは、ジェットの形成メカニズムを解明するための重要な手がかりを与える成果です。

詳しくは以下をご覧ください。

記者発表ページ (日本語)

記者発表ページ (English)

新着情報