VERAトップページへ  
ここから本文

VERAとは、相対VLBIの手法によって、これまでより100倍高い精度で銀河系内にあるメーザー源位置運動をはかり、銀河系の3次元地図を作成するプロジェクトです。


更新情報


トピックス

天の川銀河中心の巨大ブラックホール天体「いて座A」の構造

 東アジアVLBI観測網による波長1.3センチと7ミリ帯の電波観測データから、天の川銀河の中心にひそむ巨大ブラックホール天体「いて座A (エースター)」の詳しい構造が明らかになりました。観測で得られた放射領域の大きさは、いて座Aの巨大ブラックホールに降着するガス流の中に極めて高いエネルギーに加速された非熱的電子(注1) が含まれていることを、そして放射領域のほぼ円形な形状は、降着円盤の回転軸(もしくは微弱なジェットの噴出方向)がほぼ地球方向に向いている可能性を示唆しています。
 本研究はスペインのアンダルシア天体物理研究所に所属する趙 壹濟(チョウ・イルジェ)氏が率いる研究チームを中心として行われ、2022年2月22日に米国の天体物理学専門誌「アストロフィジカルジャーナル」に掲載されました。

>> 続きを読む

画像

クレジット:(左図)MeerKAT/SARAO
(右図)IAA-CSIC/国立天文台



ここからフッター