トピックス

2019.07.18
配信元:石垣島天文台
 7月17日の明け方、5時1分頃から月の一部が欠けた状態になる部分月食があり、石垣島天文台で撮影を実施しました。月食は地球の影に入った月の一部が欠けて見える現象で、部分的に影に入る「部分月食」と全て影...
2019.05.14
配信元:RISE
2019年4月17日から19日にかけて、中国北京市で開催されたChina Academy of Space Technology (中国空間技術研究院)主催のInternational Symp...
2019.04.10
配信元:EHT-J
史上初、ブラックホールの撮影に成功! 国際プロジェクト 『イベント・ホライズン・テレスコープ (Event Horizon Telescope; EHT)』は、初めてブラックホールシャドウ...
2019.03.07
配信元:VERA
元北海道大学の日浦皓一朗氏らによって、電波銀河3C84におけるジェットと電波ローブの新しい構造をVERAでモニター観測した結果が公開されました。
2019.02.19
配信元:VERA
鹿児島大学の親泊美哉子氏を中心とした研究チームは、VERAと野辺山45m電波望遠鏡を組み合わせて長周期変光星の観測を行い、4天体の一酸化ケイ素ガス分布を明らかにしました。
2019.01.10
配信元:VERA
SKAのJames O. Chibueze氏を中心とした研究チームは、大質量星形成領域Sharpless-76Eの年周視差や、天体内部における固有運動の精密な計測に成功しました。
2018.12.13
配信元:VERA
慶應義塾大学の岩田悠平氏と岡朋治教授を中心とした研究チームは、中間質量ブラックホール候補天体を含む分子雲CO-0.40-0.22の方向に存在する水メーザーの精密距離測定に成功しました。
2018.10.11
配信元:水沢ポータル
日韓中3ヶ国にある東アジア地域の電波望遠鏡約20台を組み合わせて、最大直径5500kmの巨大電波望遠鏡と等価な解像度を発揮するための国際VLBIネットワークの協定書(MOU、Memorandum of...
2018.03.05
配信元:VERA
東京大学博士課程3年の酒井大裕氏を中心とした研究チームが、いて座D HII領域の年周視差計測に初めて成功したことにより、長い間続いていた距離論争が決着しました。
2017.12.11
配信元:VERA
JIVE所属のRoss A. Burns氏を中心とした研究チームは、大質量星形成領域AFGL 5142の水メーザー観測を行い、年周視差や天体内部における固有運動の精密計測を達成しました。
2017.10.11
配信元:水沢ポータル
国立天文台が開発・運用に携わってきた高感度電波望遠鏡と天文学専用スーパーコンピュータが、電子情報通信学会が選定する「電子情報通信学会マイルストーン」に選ばれました。 電子情報通信学会マイルストーンは、...

CSS not active

JavaScript not active