メインコンテンツに移動

浮遊天頂儀室

名称:   浮遊天頂儀室
所在:   所蔵品保管庫
貸出可否: 貸出不可
撮影時期: 不明
撮影場所: 水沢(岩手県)
撮影者:  不明
原板判型: キャビネ判
説明:

浮遊天頂儀室。1938(昭和13年)竣工。浮遊天頂儀は水銀槽に望遠鏡を浮かべたものであるため、風の影響を受けやすい。風の抵抗を減らすために筒形の壁とドーム型の屋根が採用された。浮遊天頂儀室の四方を囲むコンクリート製の機構は、風避けのネットを張るために設置されたもの。

「ガラス乾板写真」はJSPS科研費16K01159および国立天文台客員研究費の助成を受けて復元されたものです。

ウェブサイト利用規程

画像や動画などのダウンロードその他の利用に際しては「国立天文台ウェブサイト利用規程」にしたがってください。