電波天文学

波長が0.1mmより長い電磁波(電波)を使って宇宙を研究する天文学の一つの分野です。1931年にカール・ジャンスキーが天の川からの電波を初めてとらえてから始まりました。

極低温の分子ガスから数千万度を超える高温のプラズマまで多くの物体が電波を放射しますので、電波天文学の対象は、分子が出す電波を使った星生成研究や銀河の研究、宇宙論の研究など多岐にわたります。

特に3度Kの宇宙背景放射、パルサー、の発見でノーベル賞が授与されていますし、銀河中心のブラックホール発見などの成果をあげています。

サブミリ波VLBIについてはこちらをご覧ください。

電波天文学と混信(電波天文周波数小委員会)についてはこちらをご覧ください。

CSS not active

JavaScript not active